2019年8月18日(日)

博報堂DYMP、ドラマのダイジェスト版を自動生成

BP速報
2019/7/9 13:16
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

博報堂DYメディアパートナーズ(MP)と東京理科大学は8日、人工知能(AI)を活用した次世代型メディア・コンテンツの共同開発第2弾として、ドラマのダイジェスト動画を自動生成するシステムのベータ版を開発したと発表した。

出演者の発話やテロップなど、ドラマのメタデータを自然言語処理することで各シーンの重要度を判定し、指定の長さでダイジェスト動画を生成できる。鍵となるメタデータに関しては、取得するデータ項目の検討から実際のデータ取得まで、エム・データ(東京・港)の協力を得て実現した。

システムの概要(出所:博報堂DYメディアパートナーズ)

システムの概要(出所:博報堂DYメディアパートナーズ)

■石原さとみ主演ドラマで試験運用

開発システムはドラマ全体のダイジェスト化編集作業の効率化だけでなく、例えば各出演者に焦点を当てたダイジェスト動画を生成することもできる。今回は、TBSテレビの協力を得て、9日スタートする石原さとみ主演の火曜ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」で試験的に運用する。主要キャストにフィーチャーしたダイジェスト動画を作成し、番組の公式サイトやSNS(交流サイト)などの番組公式アカウントで配信していく。

今後は、ドラマ以外のカテゴリーの動画コンテンツへの対応、画像音声認識技術を利用したメタデータ付与の効率化、番組制作そのものへの活用も視野に入れて、バージョンアップなどの展開を図っていく。

博報堂DYMPと東京理科大学は、AIを活用した次世代型メディア・コンテンツ共同開発第1弾として、「ニュース記事原稿をスマートスピーカー向けに最適化するシステム」を2018年2月に発表していた。

(日経 xTECH/日経ニューメディア 田中正晴)

[日経 xTECH 2019年7月8日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。