2019年7月22日(月)

日本サッカー世界への挑戦

フォローする

J1首位を快走 FC東京を待ち受ける試練の秋
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/2ページ)
2019/7/11 6:30
保存
共有
印刷
その他

Jリーグは「折り返し」を過ぎ、7月7日までに全34節中の18節を消化した。FC東京が12勝3分け3敗、総得点28、総失点13、勝ち点39というすばらしい成績で、2位横浜F・マリノス(勝ち点33)以下に大差をつけて首位を快走している。

長谷川健太監督が就任して1年目の昨年も、FC東京は前半戦の第17節まで10勝4分け3敗、勝ち点34で2位だった。FWディエゴオリベイラが得点を量産し、初優勝も夢ではないと思われた。しかしシーズン後半は大失速。17戦で4勝4分け9敗、勝ち点を16しか積み上げることができず、結局6位に終わった。

7月7日のG大阪戦の後半、ディエゴオリベイラのゴールをアシストし、高萩(左)と抱き合って喜ぶFC東京・永井。眠っていた才能が覚醒したようだ=共同

7月7日のG大阪戦の後半、ディエゴオリベイラのゴールをアシストし、高萩(左)と抱き合って喜ぶFC東京・永井。眠っていた才能が覚醒したようだ=共同

今季も同様の懸念はあった。前半の好成績を支えてきたのは、「17歳」のMF久保建英だったからだ。GK林彰洋、DF森重真人、MF橋本拳人を軸とする守備は鉄壁。MF高萩洋次郎、東慶悟、FWディエゴオリベイラ、永井謙佑らが並ぶ攻撃陣も、運動量が多く、コンビネーションも良い。しかしその攻撃をまとめ、決定的なチャンスを次々と生みだしてきたのが、久保だった。

昨年の後半を横浜Mへの期限付き移籍で過ごし、J1での初得点も記録して戻ってきた久保は、短期間でフィジカルが見違えるように強くなり、今季は開幕から完全に攻撃の中心となった。しかし6月4日、18歳の誕生日とともにFC東京を離れ、スペインのレアル・マドリードとの契約が発表された。

久保はコパアメリカ(南米選手権)出場の日本代表に選出され、2得点を記録した6月1日の第14節、大分トリニータ戦を最後にチームを離れた。その後FC東京は今季初の連敗。「やはり久保抜きでは、昨年と同じことになるのか……」と誰もが心配したことだろう。

久保建移籍の不安を吹き飛ばした永井

そんな不安を吹き飛ばしたのはFW永井だった。「首位攻防戦」となった第17節、6月29日の横浜M戦で1得点2アシストの活躍で4-2の勝利に導き、続く第18節、7月7日のガンバ大阪戦も、2得点を記録して3-1の勝利をもたらした。

永井はJリーグ随一といっていいスピードをもつストライカー。2012年ロンドン五輪で日本をベスト4に導いた後、日本代表にも選ばれたが、定着はできなかった。しかし、ことし6月に日本代表に追加招集で選ばれると、エルサルバドル戦で2得点。眠っていた才能が30歳を過ぎて完全に覚醒した。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
7月7日のG大阪戦の後半、ディエゴオリベイラのゴールをアシストし、高萩(左)と抱き合って喜ぶFC東京・永井。眠っていた才能が覚醒したようだ=共同共同

 Jリーグは「折り返し」を過ぎ、7月7日までに全34節中の18節を消化した。FC東京が12勝3分け3敗、総得点28、総失点13、勝ち点39というすばらしい成績で、2位横浜F・マリノス(勝ち点33)以下 …続き (7/11)

南米選手権のエクアドル戦でパスを出す久保建。フル代表でも堂々たるプレーぶりだった=ロイターロイター

 エクアドルに勝ちきることができず、日本代表のコパアメリカ(南米選手権)はグループリーグ敗退で終わった。しかし今大会に参加した若い代表チームは、試合ごとに成長と進化の跡を見せ、最終的には、優勝候補筆頭 …続き (6/27)

エルサルバドル戦の前半、パスを出す冨安。3バックの果敢なプレーが目立った=共同共同

 森保一監督率いる日本代表は、6月5日にトリニダード・トバゴと、そして9日にエルサルバドルと、国内で2つの親善試合をこなし、1勝1分けの結果を残した。
 3月下旬の親善試合から2カ月半、9月上旬に始まる …続き (6/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。