広がるESG投資、信組や学校が債券購入 18年度3.5倍

2019/7/8 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ESG(環境・社会・企業統治)投資の裾野が中小の投資家や企業に広がり始めた。2018年度に国内で発行した環境債などESG関連の債券は6539億円と、前年度比3.5倍となった。信用金庫や学校法人が債券投資を積極化している。ESGで先行する欧州や米国に比べると、日本は投資できる債券や株式が少ない。市場の育成が課題だ。

国内で公募したESG関連の債券の発行額を集計したところ、18年度は過去最高になった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]