長野銀頭取、コンサル業の体制強化 年度内に店舗機能再編

2019/7/8 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野銀行の西沢仁志頭取は8日、日本経済新聞のインタビューに応じ、コンサルティングビジネスを強化する方針を明らかにした。2019年度中に全店舗を個人特化型とフルサービス型に区分けする機能再編にめどをつけ、営業人員を効率的に配置する。本部の営業部署の人員も倍増したい考えで、19年度にスタートした3カ年の第11次中期経営計画の目標達成を目指す。

西沢頭取は6月に就任した。長野銀は4期連続で連結純利益が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]