/

この記事は会員限定です

イルカの不思議解き明かせ 三重大学

(@キャンパス 中部)

[有料会員限定]

鳥羽水族館(三重県鳥羽市)で、イルカの一種「スナメリ」が泳ぐ水槽のガラスに若者が集音器をテープで貼り付けている。「何しているんだろうね」と来館者が不思議そうにつぶやく。

「彼らがどうやってコミュニケーションを取るのか解明するため、1日かけて音のデータを集めています」。三重大大学院1年の寺田知功さん(22)は話す。スナメリがマイクの前を通過すると、手元の観測装置が大きな波を記録した。

全国屈指の海洋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン