巨人サムスン失速、半導体不振 日本の輸出規制火種
世界シェア調査

日韓対立
日経産業新聞
2019/7/9 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社がまとめた2018年の「主要商品・サービスシェア調査」によると、半導体や薄型テレビなどハイテク分野で、サムスン電子を筆頭に韓国企業の失速がみられた。首位品目が減り、首位でも軒並みシェアを落とした。輸出型が多い韓国企業は、米中貿易戦争など海外情勢の影響を受けやすい。日本の対韓輸出規制も始まった。19年は大きなシェア変動が起きそうだ。

調査した18年の世界シェア全74品のうち、韓国が首…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]