/

「情報銀行」2社に授与式、三井住友信託銀など

IT(情報技術)の業界団体、日本IT団体連盟(東京・千代田)は8日、東京都内で「情報銀行」認証マーク・認定証の授与式を開き、第1弾に認定された三井住友信託銀行とイオン系のフェリカポケットマーケティング(東京・港)に認定証が手渡された。2社はデータを活用した事業を近く始める見通しだ。

情報銀行は個人情報を利用者から集めて預かり、同意を得た上で他社に提供する代わりに、利用者に対価を支払う枠組み。IT連は総務省の指針を踏まえて情報銀行の認定を行っている。

授与式に出席した三井住友信託銀の益井敏夫常務執行役員は「データ利活用によって社会課題の解決に貢献し、専業信託銀行らしい新しい価値を提供したい」と述べ、複数の事業者と協業に向けた検討を進めていることを明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

データの世紀

データ資源は21世紀の「新たな石油」といわれる。企業や国の競争力を高め、世界の経済成長の原動力となる。一方、膨大なデータを独占するIT(情報技術)企業への富と力の集中や、人工知能(AI)のデータ分析が人の行動を支配するリスクなど人類が初めて直面する問題も生んだ。
連載企画「データの世紀」とネット社会を巡る一連の調査報道は、大きな可能性と課題をともにはらむデータエコノミーの最前線を追いかけている。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン