アルビオン、植物配合の高級化粧液「フローラドリップ」

2019/7/8 18:09
保存
共有
印刷
その他

高級化粧品メーカーのアルビオン(東京・中央)は8日、新しい化粧液「フローラドリップ」を発表した。同社の白神研究所(秋田県藤里町)で有機栽培した植物を複数配合した。今後の主力商品に育てたい考えだ。

白神山地のふもとにある研究所で栽培した植物を配合した

9月に発売する。「ヤマヨモギ」「コウスイハッカ」など白神山地のふもとにある研究所で有機栽培した植物を5種類選び、発酵させて化粧液に配合した。対象の顧客層は限定せず、肌の悩みを持つあらゆる女性に向けて訴求するという。商品は160ミリリットル入りで税別1万3千円。

アルビオンは肌ケア商品「薬用スキンコンディショナー エッセンシャル」で知られる。発売から45年がたつが、口コミサイトの「@コスメ」から2018年に「ベストヒット賞」を受けるなど、幅広い年齢層の人気を集める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]