2019年8月25日(日)

ウィラー、超小型EVレンタル 釧網線周遊パス利用者に

2019/7/8 18:08
保存
共有
印刷
その他

高速バス大手のWILLER(ウィラー、大阪市)は8日、同社が販売するJR釧網線の周遊パスの利用者に、トヨタ自動車の超小型電気自動車(EV)「i-ROAD(アイロード)」を貸し出すサービスを始めたと発表した。北海道清里町と同斜里町で計6台で始め、8月にも10台に増やす。期間は10月末まで。料金は3時間利用を想定した最安プランが2千円から。

対象は釧網線や沿線の観光バスが乗り放題になる「ひがし北海道ネイチャーパス」(利用期間7月~10月末)の購入者。同社は観光地で鉄道やバスなど公共交通を組み合わせて移動を効率化するMaaS(マース)の普及に注力しており、今回のサービスもその一環。

清里町は釧網線の緑駅近くの温浴施設、斜里町は道の駅うとろ・シリエトクで車両を貸し出す。

ウィラーは移動に便利なトヨタの超小型EVのレンタルを始めた(8日、北海道清里町)

ウィラーは移動に便利なトヨタの超小型EVのレンタルを始めた(8日、北海道清里町)

アイロードは実証試験用の車両で市販はしていない。1~2人乗りで、1回の充電の航続可能距離は約50キロだが、途中の電池切れを考え30キロ以内の利用を想定している。運転は普通免許が必要。ウィラーの専用サイトで申し込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。