/

富士山の山小屋でスマホ決済、KDDI

KDDIは富士山の山小屋でスマホ決済を利用できるようにする(8日、静岡県御殿場市)

KDDIは8日、富士山の山小屋でスマートフォン決済「auペイ」を利用できるようにすると発表した。宿泊料や飲食代などをスマホで支払いができる。年々登山者が増えている訪日外国人客向けに、中国の「支付宝(アリペイ)」と「微信支付(ウィーチャットペイ)」も利用できる。静岡県側の富士山でスマホ決済が使えるようになるのは初めてという。

「インバウンドの方が急増しており、キャッシュレス導入は当然となっていく」。8日、静岡県御殿場市で開いた記者会見で同市の滝口達也副市長は導入の理由を説明した。10日の静岡側の山開きに合わせ、標高3300メートル地点の「赤岩八合館」と標高3100メートル地点の「砂走館」の2つの山小屋でスマホ決済を使えるようにする。期間は赤岩八合間が9月3日まで、砂走館は8月31日まで使用できる予定だ。

山小屋が掲示しているQRコードを登山者が自分のスマホ決済アプリで読み取り、決済する。KDDIは富士山頂や山小屋などで4G回線を提供している。KDDI系のワイヤ・アンド・ワイヤレスが富士山で無料のWi-Fiを提供しており、訪日外国人客もスマホ決済を円滑に利用できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン