佐渡汽船、事故高速船の修理完了 下旬にも運航再開

2019/7/8 20:00
保存
共有
印刷
その他

佐渡汽船は、3月にクジラとみられる海洋生物と衝突した高速船「ぎんが」の修繕工事が9日に完了すると発表した。運航再開は7月下旬になる見通し。最盛期の夏には事故前と同じ3隻体制で運航する。

3月9日に発生した事故で、乗客80人が負傷し、船尾に亀裂が入ったほか、後部の水中翼も損傷した。ぎんがは4月12日から新潟市内のドックで修繕工事をしていた。

9日にドッグを出て、試運転や営業運転再開に向けた準備を進める。運航再開の時期は改めて発表するとしている。

事故を受け、同社は高速船の減速運航区間を拡大したほか、クジラが嫌がる音を出す水中スピーカーを改善するなどの安全対策を講じた。従来より衝撃を吸収できる特注シートや、「緊急停止」を知らせる発光掲示板も設置した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]