/

長野県の保証承諾額2.6%減 4~6月、創業関係が減る

長野県信用保証協会がまとめた2019年4~6月期の業務状況によると、保証承諾額は前年同期比2.6%減の369億円だった。創業関係の保証などが減少したのが響いた。保証債務残高も4321億円と、7.2%減った。

企業が返済できなくなった債務を協会が肩代わりする代位弁済は、12.9%減の17億円だった。前年に比べて、大きな代位弁済の案件が少なかった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン