/

この記事は会員限定です

「異業種組」が化粧品材料に参入 大阪ガスや出光

[有料会員限定]

大阪ガスが化粧品材料事業に参入する。年内に肌のしわを見えにくくする素材などを化粧品メーカーに販売する。日本の化粧品はアジアの消費者からの人気が高く、訪日客が帰国後も買い続けることで需要が拡大。資生堂コーセーなど完成品メーカーが工場新設を決めた。出光興産が化粧品材料の分野に乗り出すなど異業種参入が相次ぐ。

大阪ガス子会社の大阪ガスケミカルは東京工科大学との共同研究を経て開発した化粧品材料を、新ブランド「オベール」として売り出す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン