福山駅前 魅力集積へ ビル群を解体・再開発
ウエーブ広島

2019/7/9 7:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

にぎわいの拠点となるJR福山駅前の大型ビルが7年半閉鎖したままの広島県福山市。枝広直幹市長も「政策の1丁目1番地」に掲げる駅前再生の取り組みが徐々に広がり始めた。昨年末からの宿泊施設や飲食店の開業に続き、ビル群の解体・再開発も始まった。独自のコンパクトシティ推進策と両輪で全国の先進モデルともなる都市建設を目指す。

「芝生で読書する人もいて、来園者が増えていると感じる」――。福山市内の中央公園で6…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]