2019年8月23日(金)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.91 +82.90
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,720 +100

[PR]

相場師列伝

フォローする

米津豊七氏 鞘取りで年率20%

2019/7/20 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大正時代は米相場が一番盛んだった時代である。東京では蛎殻町で定期(先物)相場がにぎわい、深川と神田川で正米(現物)相場が盛んに行われた。先物と現物両市場が米相場の主導権を争うことも珍しくなかった。米津豊七は深川に本拠を構え息子の豊次郎が神田川で頑張る正米派の大御所だが、先物相場からも目を離すことはなかった。

なぜといって、当時の正米派の面々は現物売買を中心に置きながらも先物相場との鞘取りを大きな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。