2019年8月24日(土)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.91 +82.90
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,720 +100

[PR]

業績ニュース

オンワード 一時8%安 減益決算を嫌気

2019/7/8 22:30
保存
共有
印刷
その他

8日の東京株式市場でオンワードホールディングス株が3営業日ぶりに反落した。一時は前週末比51円(8%)安の570円まで下げ、約1カ月ぶりの安値を付けた。5日の取引終了後に発表した2019年3~5月期の連結決算が大幅な減益となり、失望売りが広がった。終値は4%安の595円だった。

19年3~5月期の連結純利益は前年同期比24%減の16億円だった。売上高は3月に買収したカタログギフト大手の大和(長野県安曇野市)が寄与して7%増の648億円だったが、主力の国内アパレル事業に限ると1%減の422億円と振るわなかった。

株価は5月中旬から業績回復に期待した買いで戻り歩調だった。市場では「消費増税を控えて消費の腰折れ懸念がある中での減益決算だけに、個人などの見切り売りが広がった」(証券ジャパンの大谷正之氏)との声が聞かれた。

20年2月期通期の連結売上高は前期比6%増の2560億円、純利益は11%増の55億円を見込む。オンワードの保元道宣社長は「在庫管理の改善などで第2四半期以降は営業増益に転じる」との見解を示した。

中核子会社、オンワード樫山は主力ブランド「23区」などの好調で既存店売上高が伸びた。国内アパレル事業全体が持ち直してくれば、株価反発のきっかけになる可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。