新潟県の女性社長比率6.4% 19年、低水準続く

2019/7/8 20:00
保存
共有
印刷
その他

帝国データバンク新潟支店がまとめた2019年4月末の新潟県内の女性社長の割合は6.4%だった。前年調査から0.1ポイント上昇したが、前年に引き続き全国平均を1.5ポイント下回るなど、なお低水準が続く。都道府県別順位は41位で、前年から1つ上げた。

個人事業主などを除く県内約2万5千社のデータに基づき集計した。業種別では不動産業が15.8%で最も高く、サービス業が10.1%、小売業が9.0%で続いた。

社長に就任した経緯では「同族承継」が61.8%で最も多く、「創業者」21.7%、「内部昇格」12.8%の順となった。過去1年間の就任事例でも同族承継が54.5%と高く、創業者は18.2%と低い状況だ。

同支店は女性社長の就任状況について「先代社長の高齢化や後継者難などの事情を受けて事業を引き継ぐ、受動的な就任のケースが多いと推測できる」と指摘している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]