/

この記事は会員限定です

中堅企業の3年平均ROE 人材・AI開発上位

NEXT1000

[有料会員限定]

日本の中堅上場企業が経営効率に磨きをかけている。売上高100億円以下の上場企業約1000社「NEXT(ネクスト)1000」を対象に経営効率を示す自己資本利益率(ROE)の直近3年間の平均値を調べたところ、上位には人材サービスや人工知能(AI)開発の企業が並んだ。得意分野に特化して、効率的に利益を稼いでいる。

ROEは株主の持ち分である自己資本に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り394文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン