担当者 大沢在昌

プロムナード
2019/7/22 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

この時期、一部の出版社では人事異動がおこなわれる。企業に所属した経験のない私にはもうひとつ実感がないのが、担当編集者の配置がえである。

勤め人である以上、同じ部署にずっといつづけるのは難しいのはわかるが、気も合い、新たな連載小説の開始を相談していた相手がいきなり「異動になりました」とくると、正直がっかりしてしまう。

二十三でこの世界に入り、今年で四十年になる。したがって始めの頃は担当編集者はすべ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]