2019年7月21日(日)

勝負はこれから

フォローする

くすぶる選手にチャンス 駆け込み移籍で開花期待
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2019/7/9 6:30
保存
共有
印刷
その他

くすぶっていた選手が、環境が変わった途端にブレークする、というのがトレードの面白さだ。広島から楽天に移籍した下水流昂(しもずる・こう)は早速、持ち前の打棒を発揮し始めている。7月いっぱいのトレード期限を前に激しくなってきた"駆け込み補強"から、ペナントレースを左右するような存在が出てこないとも限らない。

楽天に移籍した下水流は7日の日本ハム戦で4打数2安打1打点の活躍を見せた=共同

楽天に移籍した下水流は7日の日本ハム戦で4打数2安打1打点の活躍を見せた=共同

下水流は楽天・三好匠(たくみ)との交換で、東北の地に赴いた。だれもが認める打力を持ちながら、層の厚い広島の外野陣のなかで出番を見いだせないままで、トレードの報に、少しばかり残念な表情をみせた。「今シーズンが勝負だと思い、スタートしたが、自分の力不足で……」

横浜高から青学大、社会人のホンダを経て2012年のドラフト4位で入団した下水流は31歳。昨年、代打中心ながら、67試合に出場し、やっとレギュラー取りの足場を築いたところだった。丸佳浩の巨人移籍によって、外野の一角が空き、チャンスはさらに広がるはずだった。

あのワンプレーがなければ…

「今シーズンが勝負」はもちろん、広島の激しい競争に勝ち抜く、という意味だったわけで、志半ばの移籍には悔しい思いもあるはず。

そもそもこの移籍自体、微妙な伏線を伴っていた。あのワンプレーがなければ、トレードの対象になっていただろうか……。

今季、2軍スタートとなった下水流は4月27日に1軍に昇格する。翌28日のヤクルト戦の七回、代打で起用されて三振。

それでも、貧打打開の手掛かりを求めていた広島は29日の同カードで、相手先発が左腕の石川雅規だったこともあり、右打者の下水流を7番左翼で先発起用する。

3打席無安打で迎えた六回の守りで、災難が降りかかった。2死一、二塁からウラディミール・バレンティンが打ち上げた飛球が左翼へ。簡単に捕れそうにみえたが、ライトが目に入ったか、下水流は捕球しそこなった(記録は失策)。2者が生還し、3-4とどちらに転ぶかわからなかったゲームの流れが、ここで決まった。

翌日、下水流は登録抹消となり、トレードの日を迎えることになる。

「寂しい。でもチャンスいただいた」

広島首脳陣も、あのワンプレーをもって2軍調整の断を下したわけではないだろう。打撃を含め、総合的に判断してのことかもしれないが、出場2試合、わずか4打席での降格という、なんともやるせない結果となった。

広島とのお別れのあいさつとなった会見で、下水流はこうも言った。「寂しい。でもチャンスをいただいたとも思っている」

前向きな気持ちさえ失わなければ、才能はいずれ花開くということは、近年でいうと、巨人から日本ハムに移って才能を開花させた大田泰示や、昨年、阪神から西武に移って11勝を挙げた榎田大樹の例でわかる通り。

下水流を獲得した楽天のほれ込みようもすごい。5日に出場選手登録し、代打で起用。初先発となった6日は3打数無安打だったが、7日には5番中堅で先発して4打数2安打1打点。ためこんだ鬱屈を一気に晴らすかのような打棒が、態勢の立て直しに一役買うかもしれない。

下水流個人にとっても、ここが人生の分岐点になりそう。不本意なプレーを最後に広島を去ることになったが、やがて、あれから野球人生が開けた、と笑い飛ばせるようになる日が来るかもしれない。努力次第で、未来は変えられる。下水流はそのチャンスをつかんだことになる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
楽天に移籍した下水流は7日の日本ハム戦で4打数2安打1打点の活躍を見せた=共同共同

 くすぶっていた選手が、環境が変わった途端にブレークする、というのがトレードの面白さだ。広島から楽天に移籍した下水流昂(しもずる・こう)は早速、持ち前の打棒を発揮し始めている。7月いっぱいのトレード期 …続き (7/9)

23日のオリックス戦で延長10回に大量リードを許す展開を見つめる緒方監督(中央)=共同共同

 広島がセ・パ交流戦で4勝12敗1分け(6月24日現在)と負け越した。リーグ半ばの“中間テスト”の意味合いがある交流戦で及第点を取れず、リーグ4連覇に暗雲がたれ込めるが、3週間、いたずらにもがき苦しん …続き (6/25)

5月2日の中日戦で天井へ当たる三塁適時内野安打を放つ巨人・岡本=共同共同

 「フォーアウトを取る野球は難しいということですねえ」。巨人・原辰徳監督が、しみじみと語ったのは岡本和真の“凡飛”が、東京ドームの天井に当たって安打となったことから逆転勝ちした中日戦(5月2日)のあと …続き (6/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。