2019年7月20日(土)

客の頭上にヒョウ、肉球も間近に 旭山動物園の復活劇
旭山動物園・坂東元園長(4)

コラム(地域)
北海道・東北
2019/7/11 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 どうすれば動物のありのままの姿を見てもらえるか。閉鎖の瀬戸際にあった旭山動物園(北海道旭川市)は1998年、ライオンやトラ、ヒョウなどを展示する「もうじゅう館」を開いた。こだわったのは客と動物の距離を近づけることだ。

普通は動物の周囲にある檻(おり)を、足元に持ってくることを思いつきました。ヒョウなどネコ科の動物は人間を見下ろすことで、自分たちが優位に立っていると感じるため、安心して昼寝ができる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。