2019年7月21日(日)

マッハ2.5で特訓 空自「トップガン」養成所
自衛隊 精鋭たちの組織論(4)

自衛隊 精鋭たちの組織論
コラム(経済・政治)
政治
2019/7/7 2:03 (2019/7/11 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

航空自衛隊で戦闘機を操るパイロットたちが憧れる教育課程がある。主力戦闘機「F15」のパイロットのトップエリートを育てるF15戦技課程だ。「ファイターウェポン」と呼ばれ、毎年、適齢の20歳代後半から30歳代前半ごろの数百人の中から数人が選ばれる。1980年代に大ヒットしたトム・クルーズ主演のハリウッド映画「トップガン」が描いたのは米海軍のエリート養成機関。こちらはいわば空自版トップガン養成所だ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。