/

J・ジルベルト氏が死去 歌手「ボサノバの父」

ジョアン・ジルベルト氏(ブラジルの歌手、ギタリスト)ブラジルのメディアによると7月6日、リオデジャネイロの自宅で死去、88歳。近年、体調を崩していた。「ボサノバの父」と呼ばれる。

ジョアン・ジルベルトさん(2008年)=AFP・時事

1931年6月、北東部バイア州ジュアゼイロ生まれ。作曲家の故アントニオ・カルロス・ジョビン、作詞家の故ビニシウス・モラエスとともにボサノバの創始者とされる。元妻アストラッドさんと歌った「イパネマの娘」は世界的にヒットし、アルバムとともにグラミー賞を受賞した。(サンパウロ=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン