対韓輸出規制 サムスン、取引先と対応協議へ

2019/7/7 17:38
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国のサムスン電子が日本政府の対韓輸出規制の強化を受け、取引先の日本企業と対応を協議するもようだ。複数の韓国メディアが報じた。輸出規制で半導体に欠かせない材料の調達が滞り生産に影響が出る可能性があるためだ。

李在鎔サムスン電子副会長

李在鎔サムスン電子副会長

日本政府は4日、レジスト(感光材)、エッチングガス(フッ化水素)、フッ化ポリイミドの輸出規制を強化した。これらは半導体などの製造に必要な材料だ。サムスンはフッ化水素の在庫を1カ月程度持つとされるが、調達が難しくなれば減産などを強いられる。

サムスングループを事実上率いる李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が7日、日本に出向いたことが分かった。生産への影響を避けるため取引先企業の幹部に会い、日本以外の工場から韓国への出荷などを要請するもようだ。

また、韓国大統領府は7日、主要企業の関係者を招き、韓国経済を取り巻く不確実性について意見交換したと発表した。李氏が日本入りしたサムスンをのぞく、現代自動車グループ、SKグループ、LGグループの3財閥のトップらが出席したようだ。大統領府の金商祚(キム・サンジョ)政策室長や洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相と、日本の輸出規制への対策を探ったとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]