ハナミズキ、亡き夫の生きた証し 「早く避難を」広島・熊野の女性
西日本豪雨1年

2019/7/7 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あの日、濁流が街をのみ込み、日常生活を一変させた。平成最悪の豪雨災害となった西日本豪雨から6日で1年。甚大な被害は広域にわたり、避難が遅れて犠牲となった住民も少なくない。災害の爪痕は深く、生活再建など復興は道半ばだ。広島、岡山両県の追悼式では鎮魂の祈りに包まれた。残された家族は悲しみを募らせつつ、一歩ずつ前に歩み始めた。(大畑圭次郎)

「状況は一人ひとり違い、悲しみを消し去ることはできません」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]