大阪初の世界遺産、地元歓喜 百舌鳥・古市古墳群登録

2019/7/6 18:44 (2019/7/6 19:47更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「百舌鳥(もず)・古市古墳群」の世界遺産登録が決まった6日午後、大阪では喜びの声が上がった。登録まで10年超を要した悲願達成。地元では観光振興への期待が高まった。

国内最大の前方後円墳、仁徳天皇陵古墳(大山古墳)がある堺市のイベントホール。午後5時30分すぎ、登録決定でくす玉が割られ、会場には紙吹雪が舞った。

夫婦で訪れた堺市堺区の主婦、西ノ園直子さん(49)は、学校の課外活動で仁徳天皇陵の外周…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]