/

この記事は会員限定です

[社説]課題が多い商業捕鯨の再開

[有料会員限定]

政府は国際捕鯨取締条約とその実行機関である国際捕鯨委員会(IWC)から脱退し、今月から商業捕鯨を再開した。しかし、反捕鯨の動きが強まる各国の理解を得られるのか、捕鯨が本当に民間事業として持続できるのかなど課題は多い。

日本にとって31年ぶりとなる商業捕鯨は、領海と排他的経済水域(EEZ)内でミンククジラ、ニタリクジラ、イワシクジラの3種を対象にする。IWCが1994年に採択した方式で捕獲可能量を算...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り564文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン