/

この記事は会員限定です

20代投票、3割どまり 選挙参加へ学生団体呼びかけ

[有料会員限定]

21日投開票の参院選で若者の投票率をどう上げるかが課題となっている。直近の国政選挙では20代の3人に1人しか投票せず、選挙離れは深刻だ。若者に投票を促そうと政治家との意見交換会や不在者投票の支援などが行われており、専門家は「子供のうちから、自分の意見が学校や社会に反映される経験を積ませることも大切だ」と指摘する。

6月下旬、東京・渋谷の貸会議室で「選挙で何が変わるの?」と題した意見交換会が開かれた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン