2019年8月22日(木)

米当局、ソフトバンクのGM子会社出資を認可

2019/7/6 13:01
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=白石武志】安全保障の観点から対米投資を審査する対米外国投資委員会(CFIUS)が5日までに、ソフトバンクグループ(SBG)による米ゼネラル・モーターズ(GM)の自動運転技術会社への出資を承認したことが5日、明らかになった。ロイター通信が報じた。SBGは中国のライドシェア大手などにも投資することから、米当局は技術流出などの懸念を審査していたという。

GMの自動運転車(現在の実験車両)

GM傘下で自動運転技術の開発を手掛けるGMクルーズは2018年5月、SBGが運営する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」から22億5000万ドル(約2400億円)の出資を受けると発表していた。ロイターはGMクルーズの自動運転技術をSBGが使用できないという保証が得られたことから、CFIUSは投資を認可したとしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。