2019年9月16日(月)

中国、発射実験報道を否定、「演習」は認める

2019/7/6 10:51
保存
共有
印刷
その他

【北京=高橋哲史】中国国防省は5日、中国が南シナ海で弾道ミサイルの発射実験を実施したとする米メディアの報道について「事実と符合しない」とコメントした。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)が伝えた。

南シナ海を航行する中国の航空母艦や軍艦(新華社提供)=AP

中国国防省のコメントは「最近、人民解放軍の南部戦区が年度の訓練計画に基づいて海南島付近の海域で実弾射撃演習を実施した」と説明し、実弾を使った「演習」は認めた。そのうえで「いかなる国にも、特定の目標にも向けたものではない」と強調した。

米CNNテレビなどは3日、米国防総省報道官の話として「中国が南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島周辺の人工施設からミサイルを発射した」と報じていた。

環球時報はミサイルの発射が「南沙諸島周辺の人工施設」からだったとする米国防総省の説明について、消息筋の話として「悪意のあるミスリードであり、細部に捏造(ねつぞう)があり、地域の国が仲たがいするのをねらったものだ」との見方を示した。

また、実弾を使った射撃演習は通常の訓練の範囲内であり、南シナ海で領有権を主張する国々を「脅す目的ではない」とする専門家のコメントも紹介した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。