2019年8月23日(金)

iPS細胞から角膜製品 慶大発企業、移植以外に道

2019/7/6 13:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

再生医療分野のスタートアップ企業、セルージョン(東京・港)はiPS細胞から角膜をつくる事業を始める。慶応大学病院と2020年4月、角膜製品をつくるための研究開発に着手する。角膜が壊れた場合の治療法は移植しかなく、世界の待機患者は1000万人を超える。検証を重ね、23年に製造販売の承認を申請したい考え。

セルージョンは慶応大医学部発の企業で、15年に設立された。研究開発は失明する恐れのある水疱性角…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。