/

この記事は会員限定です

過疎地に消えた520万票 投票所減、高齢者を直撃

チャートは語るfeat.参院選(下)

[有料会員限定]

民主主義の根幹を支える最大の制度が選挙だ。最近では投票率の低下が続き、特に若者の低投票率が指摘されてきた。だが、棄権票が増加する背景には別の課題もある。

16年参院選における棄権票は2007年に比べて520万票増えた。この規模は千葉県の有権者数に匹敵する。

棄権が増えた一因は投票所の減少...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

チャートは語る

日本経済新聞社はデータ分析を強化します。「チャートは語る」では様々なデータの分析で経済や市場、企業などの潮流を浮き彫りにします。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン