/

この記事は会員限定です

不動産大手、物流施設の開設を駅近へ 人材確保策に

[有料会員限定]

不動産大手が住宅地や市街地に近い場所で物流施設の開設を進めている。三井不動産は基本的に最寄り駅から徒歩圏内の好立地に開設する方針で、同様の動きが広がっている。電子商取引(EC)市場が拡大する中で、施設で勤務する人手を確保しやすくする狙い。輸送費の高騰もあり、消費地へのラストワンマイル配送に適した立地の重要性は高まっている。

「物流施設の立地として優れ、人材確保にも有利。これ以上の土地はない」。5日、三井不動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り664文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン