「ガンダム」40歳、次の主役を模索 バンナムHD

2019/7/19 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年でテレビ放送開始から40周年を迎えたアニメ「機動戦士ガンダム」。その存在感は長らく不動だったが、ファン層の高齢化などで「稼ぐ力」に陰りも見える。ガンダムと二人三脚で成長してきたバンダイナムコホールディングス(HD)は「ガンダムの次」を模索するが、先は見えない。君は生き延びることができるか――。

■「ドラゴンボール」の後塵を拝す

「ガンダム関連のIP(知的財産)売上高は683億円…ドラゴン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]