/

この記事は会員限定です

社外役員、取引先出身や低出席率で3割超える反対

検証株主総会2019(上)

[有料会員限定]

株主提案が過去最高となり、経営トップへの反対票が膨らむなど、これまで以上に株主と経営者の真剣勝負となった2019年の株主総会。統治の体制や経営者の報酬、株主への利益配分など多くのテーマのなかで、株主の反対で「危険水域」となった議案を検証する。

【次回記事】役員報酬「監視の目」厳しく 個別開示要求にも賛同

歴史的な結び付きが強く、多様な業種が集まる三菱グループ。慣習的に中核企業からグループ各社に役員を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン