デジタル当日券をポイントで 映画団体が9日から

2019/7/5 19:46
保存
共有
印刷
その他

日本映画製作者連盟(映連)など映画関係団体でつくる「映画館に行こう!」実行委員会は5日、ネットで座席指定できる当日券の取り扱いを始めると発表した。楽天のスマートフォン決済の「楽天ペイ」やNTTドコモの「d払い」で決済でき、複数のポイントを組み合わせて購入もできる。チケットを買いやすくし、映画館への送客につなげたい考えだ。

楽天ポイントなど複数のポイントを組み合わせられる

オンライン当日券「ムビチケ当日券」は9日正午に取り扱いを開始し、映画メディアのムービーウォーカー(東京・千代田)が運営する。楽天ポイントやdポイントなど複数のポイントを充当できる。楽天ペイで購入すると15%のポイントを還元するキャンペーンも実施する。

8月からはTポイントや全日本空輸の「マイル」なども取り扱う。複数のポイントを組み合わせて商品を購入できるサービスは珍しい。

ムビチケ当日券は全国の9割を超える映画館で利用できる。映画館の運営会社を横断して利用できるため、予定に合った上映時間などを調べやすくなる。同日記者会見した松岡宏泰委員長(東宝常務)は「映画業界を活性化させ、18年に1億6900万人だった映画人口を2億人に拡大させる」との目標を語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]