米、沈む石炭 4月の発電量、再生エネが初めて逆転
トランプ政権の支援策不発

2019/7/5 19:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】米国で石炭火力による発電量の縮小傾向が目立ってきた。4月は初めて、風力や太陽光など再生可能エネルギーの発電量を下回った。トランプ米大統領は地球温暖化対策に消極的で、石炭産業を支援するが、高コストで環境負荷が大きな石炭発電は縮小に歯止めがかからない。主要な州やエネルギー関連企業は再生エネへのシフトを急いでいる。結果的に米の温暖化ガス排出が大きく増える事態は当面、避けられる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]