企業の蓄積データ どう保護する?
改正不正競争防止法が施行 流出時、差し止め可能に

2019/7/7 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

情報革新が進み、企業が蓄積する様々なデータを保護する重要性が高まっている。1日施行の改正不正競争防止法は「限定提供データ」制度を新設し、パスワードなどで管理された営業・技術データが保護対象に加わった。不正に外部に流出したり使われたりした場合、差し止めを請求することができる。データ保護の枠組みを強固にしてビッグデータの活用を後押しするのが狙いだ。

限定提供データとは、他者との「共有」を前提に一定の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]