2019年8月18日(日)

カイコからHIV治療薬つくる研究加速 免疫生物研

2019/7/5 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

免疫生物研究所は群馬で多く産出されるカイコを活用したエイズウイルス(HIV)治療薬の研究開発を加速する。遺伝子組み換えカイコから作った抗HIV抗体医薬品の実用化に向け、今後3年間で研究施設の整備費などを積み増し、2022年度中に製薬会社に医薬品の開発・販売権を供与する。ウイルスの破壊が期待できる新たな治療薬の普及を目指す。

免疫生物研は抗HIV抗体の独占的実施許諾を持つCURED(横浜市)と共同…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。