/

この記事は会員限定です

壊し屋ザックの金融世直し デジタル通貨リブラの波紋

本社コメンテーター 村山恵一

[有料会員限定]

米フェイスブック(FB)が2020年のサービス開始を狙うデジタル通貨「リブラ」に対し、中央銀行や規制当局から批判や警戒の声が噴出している。仮にリブラが実現した場合の金融システムや通貨政策への影響を考えれば、精査が必須なのは言うまでもない。

ただ、テクノロジーが秘める可能性をつぶさないよう関係者がそろって知恵を出す必要がある。

そもそも会社として信用しかねる――。懐疑的なリブラ評の裏にはFB不信があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1939文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

村山 恵一

IT(情報技術)、スタートアップをカバーする。シリコンバレー駐在時には、iPhone投入で絶頂期を迎えたジョブズ氏率いるアップルを取材した。編集委員、論説委員を経て2017年2月より現職。近著に「STARTUP 起業家のリアル」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン