/

この記事は会員限定です

利益は3年先をみる 成長株、高PERでも買い

証券部 須賀恭平

[有料会員限定]

株式市場で3年先の利益成長力を基に成長株を発掘する動きが広がっている。今期の予想PER(株価収益率)が割高でも3年先の利益予想に基づけばまだ買える企業が多いためだ。買われる企業に共通するのは時代の構造変化をとらえ、安定成長が見込まれる点。ただ遠い将来価値から買える理由を探す動きは過去にもみられ、危うさも潜む。

「業績の3期先の利益に注目している」。ヘッジファンドの事情にも詳しい智剣・Oskarグル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン