雨宮日銀副総裁、デジタル通貨「近い将来の発行ない」

2019/7/5 22:54
保存
共有
印刷
その他

日銀の雨宮正佳副総裁は5日、中央銀行がデジタル通貨を発行する利点と課題の両面をあげたうえで「近い将来、発行する計画はない」と述べた。まずは民間のキャッシュレス決済の利便性や信頼性の向上を優先すべきだとの認識を示した。

講演する日銀の雨宮副総裁(5日、東京・大手町)

雨宮氏は中銀がデジタル通貨を発行し、多くの消費者が使うようになれば「キャッシュレス決済手段が林立している状態の解消につながるかもしれない」と述べた。ただ現在は「フィンテック企業や銀行が競争し、イノベーションを進めている段階だ」と説明し、民間の努力を促すことが先決だとの見解を示した。

米フェイスブックが発行を目指すデジタル通貨「リブラ」に関し、直接の言及を避けながらも「プラットフォームの運営者にはマネーロンダリング(資金洗浄)への対応、リスク管理体制の確保など様々な要件が求められる」と指摘。そのうえで「責任ある行動が求められる」と述べた。

また「潜在的な利用者が巨大なことを念頭に置く必要がある」と指摘。個人情報の不正流用があったことなども念頭に「通貨として人々の信用を得るには相当な基準をクリアする必要がある」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]