2019年8月23日(金)

九州・沖縄の58社、4割が時価総額増やす 1~6月 安川電機が首位

2019/7/5 18:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州・沖縄の主な上場企業の2019年1~6月の時価総額増減ランキングをまとめたところ、約4割が増加し、首位となった安川電機などハイテク関連の増加が目立った。18年12月に日経平均が2万円を割り込む下落局面から見直し買いが進んだ。ただ鉄道や電力、銀行など内需主体のインフラ企業は低調だった。内需関連でも人件費増などを吸収し、収益が安定した企業の時価総額は増えた。

九州・沖縄に本社や本店を置く東証1部…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。