2019年8月21日(水)

日銀金沢支店、7月の景気判断据え置き
業況感「製造業中心に悪化」

2019/7/5 19:09
保存
共有
印刷
その他

日銀金沢支店は5日発表した7月の金融経済月報で、北陸3県の景気の全体判断を「緩やかに拡大している」と据え置いた。4カ月連続で同じ判断とした。ただ中国経済の減速を背景に電子部品や機械の受注が鈍っていることから「企業の業況感は、製造業を中心に悪化している」との表現を付け加えた。

項目別の実体経済は個人消費が「着実に持ち直している」、生産が「高水準ながら弱めの動きとなっている」といずれも前月の判断を引き継いだ。

住宅投資は10月の消費増税に向けた駆け込み需要の影響で「増加している」との判断を維持した。記者会見した宮田慶一支店長は家電や自動車の駆け込みの動きについて「若干みられるという声が出始めているが、本格化はしていない」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。