2019年8月24日(土)

トヨタ、FCVで中国提携拡大 第一汽車などに部品供給

2019/7/5 17:53
保存
共有
印刷
その他

【広州=川上尚志】トヨタ自動車は5日、中国自動車大手の中国第一汽車集団、商用車大手の金龍連合汽車工業(蘇州)と燃料電池車(FCV)で提携したと発表した。提携先の2社が製造するバスにFCVの部品を供給する。トヨタはすでに中国自動車大手の北京汽車集団ともFCVで提携している。中国の自動車大手と提携を広げ現地での普及を目指す。

トヨタと提携した金龍連合汽車工業(蘇州)は電気自動車のバスなどに力を入れている(同社ウェブサイトより)

トヨタは燃料電池装置開発の上海重塑能源科技とも提携しており、同社の装置とセットで燃料電池や関連部品を提携先に販売する。トヨタは第一汽車集団と合弁会社を設けておりFCVの分野でも提携を広げる格好だ。金龍は中国のバス製造大手で、トヨタの部品を使って2019年中に20台のFCVのバスを生産、江蘇省常熟市のバス運行会社に納入する計画という。

トヨタは14年に世界初の量産FCV「ミライ」を発売し、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などに続く次世代車としてFCVを位置付けている。中国でも政府や企業が環境・エネルギー問題を解決する手段としてFCVに注目している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。