サイバー防衛関連株に資金流入、不正アクセス材料視

2019/7/5 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場でサイバーセキュリティー関連株に資金が流入している。相場全体の上値が重いなか、スマートフォン決済「セブンペイ」の不正アクセスが材料視されたのが一因だ。次世代通信網の整備が進みインターネットに接続される機器が増えればセキュリティー需要が一段と高まると、中長期で有望な投資先として期待する声もある。

5日は東証マザーズ上場のアクリートが一時、前日比18%高の1000円と、制限値幅の上限(ストッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]