/

この記事は会員限定です

サイバー防衛関連株に資金流入、不正アクセス材料視

[有料会員限定]

株式市場でサイバーセキュリティー関連株に資金が流入している。相場全体の上値が重いなか、スマートフォン決済「セブンペイ」の不正アクセスが材料視されたのが一因だ。次世代通信網の整備が進みインターネットに接続される機器が増えればセキュリティー需要が一段と高まると、中長期で有望な投資先として期待する声もある。

5日は東証マザーズ上場のアクリートが一時、前日比18%高の1000円と、制限値幅の上限(ストッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り537文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン