/

この記事は会員限定です

政府がバイオ戦略、9領域を支援 産業化で米欧中に後れ

[有料会員限定]

バイオテクノロジーやバイオマス(生物資源)を活用した社会の実現に向け、政府は約10年ぶりにバイオ分野の国家戦略をとりまとめた。米欧や中国に産業化で後れを取っているとの危機感から総花的だった過去の戦略を抜本的に見直し、バイオプラスチックなど9領域を選び、2030年まで重点的に産業化を支援する。国内外から人材や資金を呼び込む広域拠点の整備も打ち出した。

政府はバイオを「量子コンピューター」「量子暗号」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り971文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン