/

この記事は会員限定です

リベリア、中国「一帯一路」参加 副大統領表明

[有料会員限定]

西アフリカ・リベリアのジュエル・ハワード・テーラー副大統領は、中国主導の広域経済圏構想「一帯一路」に協力していく意向を示した。「約2カ月前に参加の覚書を交わした」として、現在は具体的なプロジェクトを詰めている。道路を中心とするインフラ整備で中国の協力を得て、鉄鉱石やパーム油といった天然資源の輸出拡大につなげていきたい考えだ。

都内で日本経済新聞の取材に応じた。リベリアは2003年10月に台湾と断交...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り475文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン