/

この記事は会員限定です

キユーピー、中国などで調味料普及 営業拠点3割増

[有料会員限定]

キユーピーは5日、中国でマヨネーズやドレッシングの営業拠点を2021年度までに約3割増やし、40拠点とする計画を明らかにした。19年度中に中国の沿岸部に新たに5カ所の拠点を設ける。東南アジアでは深煎りごまドレッシングを中心に普及させる。国内の調味料市場が頭打ちになるなか、アジアで外食店への営業強化や、サラダの食文化の提案などで、新たな需要を生み出す。

同日、都内で開いた19年5月期の決算説明会で説明した。長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン