2019年8月23日(金)

英ボーダフォン、5Gサービス開始 ラグビー選手が体感

5G
BP速報
2019/7/5 18:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

英ボーダフォンは3日、英国での次世代通信規格「5G」ネットワークサービスを予定通りに開始したと発表した。まずは英国7都市で開始した。

5Gサービス開始を発表した英ボーダフォン(出所:Vodafone)

5Gサービス開始を発表した英ボーダフォン(出所:Vodafone)

5G対応端末は、スマートフォンが中国・小米(シャオミ)と韓国サムスン電子の2機種、ルーターも1機種用意した。このうちルーターは、従来の4Gより10倍高速なブロードバンドサービスを月額30ポンドで提供する。

スマホ用には、5Gと4G両方をデータ無制限で使える「ボーダフォン・アンリミテッド」プランを10日に開始する。SIMカードのみを月額で提供するプランだ。5Gサービスへのアクセスについては特に追加料金は設けず、全ての通信量無制限SIMカード所有者が5Gアクセス可能になるとしている。

なお欧州4カ国を対象にした5Gローミングサービスも今夏に追加料金なしで提供開始する。英国、ドイツ、イタリア、スペインを対象に、主要な観光名所やビジネス拠点都市での提供を予定している。

5Gスマホと5Gルーターの両方を同時に提供可能な「ボーダフォン・トゥギャザー」サービスも7月末までに開始する。米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)スピーカー「アマゾン・エコープラス」なども含めた料金は月額50ポンドだ。

■ラグビーのタックルを仮想体験

同社は5Gサービス開始に合わせてラグビーチーム、ロンドン・ワスプスの選手2人による触覚技術のデモも披露した。

ラグビーのタックルを5Gで体感するデモ(出所:ボーダフォン)

ラグビーのタックルを5Gで体感するデモ(出所:ボーダフォン)

英コベントリーのリコー・アリーナにいるウィル・ローランズ選手のタックルの衝撃を、5Gを使って100マイル離れたロンドンのステージにいる同僚のフアン・デ・ヨング選手に転送。触覚フィードバックとモーションキャプチャーを備えた仮想現実(VR)専用スーツ「テスラスーツ」を着用したヨング選手が、5Gの低遅延高速通信によりリアルタイムでタックルの強さを体感できるというものになっている。

(ライター 加藤樹子)

[日経 xTECH 2019年7月5日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。